株式会社オケピ   事業内容 会社概要 お問合せ

会社概要

社名:株式会社オケピ ( 英文: Okepi Corporation )
代表取締役:山野上 寛 ( Yutaka Yamanoue )
設立:2005(平成17)年8月1日(月)
決算月:5月
取引銀行:三菱東京UFJ銀行(0005) 本郷支店(351)
本社所在地: 〒104-0061
東京都中央区銀座7-2-16 寿ビル3階
(地下鉄日比谷駅・銀座駅より徒歩3分。JR有楽町駅・新橋駅より徒歩5分)
E-Mail:
営業時間:平日11:00-18:00
土日祝11:00-17:00
従業員数:12名 (2016/01/01現在。男8,女4)
地図:

おけぴ劇場mapはこちら
PDFはこちら
  
代表略歴:
山野上 寛 ( Yutaka Yamanoue )
1973年5月18日大阪府茨木市生まれ
茨木市立大池小学校、茨木市立東中学校卒業
1992年大阪府立茨木高校卒業(44期生)
1994年ピアノソリストとしてシューマンのピアノ協奏曲を慶應義塾アインクライネスオーケストラと共演。
(学園祭でも共演したのですが、なんとカデンツァで足つりました)
1996年3次元CGのプログラム開発で塾長奨励賞・日経サイエンス賞受賞。
1996年慶應義塾大学環境情報学部卒業(SFC三期生)
1997年ガーラホームページコンテストで優勝(プリンのホームページ)
1998年慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修了後、 富士ゼロックス株式会社に入社しオンデマンド出版システムの開発に従事。 2001年インターネット博覧会においてアイデア賞受賞。 同年、講談社・小学館・マイクロソフト・富士ゼロックス共同出資による コンテンツワークス株式会社の設立に携わり、先端企画開発部部長に就任。 2004年10月に日本のコンテンツ産業のプロデューサ養成のために設置された 東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラムに一期生として入学(2007年3月修了)。 2005年8月、個人的に2004年から運営していた 観劇ファン向けのインターネットサービスの運営に集中するため、 コンテンツワークス株式会社を退社し、株式会社オケピを設立し代表取締役に就任。
趣味はピアノ演奏。 2010年6月25日にミュージカル俳優岩田元さんのミニライブでピアノ伴奏をしたのを きっかけに、若手ミュージカル俳優さんを応援する、マイク無しの生歌生ピアノライブ「おコンサート」を企画。 自らピアノ伴奏を担当しています。

また、個人的にぷりん友の会会長として全国でプリンパーティを開催。2005年6月にはNHKでレシピを披露しました

観劇にはまりはじめたのは2000年(きっかけは三谷幸喜さんのオケピ!と四季のライオンキング!)。 その年、年間21本観劇。
以後、2001年(23本)、2002年(18本)、2003年(21本)と観劇が趣味として定着し、 2004年(52本)、既存のチケット掲示板に対する自分自身のニーズを実現したサイト「舞台チケット掲示板」を個人的に開設。
2005年(40本)、夜間アクセス集中で毎晩サーバが落ちるようになり、
広告収入で最低限生活できる目処がたち、
観劇を仕事にしたいという熱意で独立。
以後、2006年(84本)、2007年(201本)、2008年からは2日に1本ペースで観劇中♪

観劇ジャンルも演劇、ミュージカル、宝塚、四季をはじめとして、 歌舞伎、バレエ、オペラ、コンサート、ライブ、クラシック、文楽など 特定のジャンルには限定せずに幅広く観劇しています(最も好きなのはミュージカル)。 観劇本数は、多い時で月30本、平均すると月10〜15本位です。 (観劇したものは http://okepi.net/kangeki にレポとして掲載しています)
また、国内に留まらず、2004年より積極的に海外観劇に出かけております。
2004/05 シカゴ&ニューヨーク(ミュージカル中心に11本観劇)
2004/02 ラスベガス(ショーを中心に4本観劇)
2004/11 オーストリア&ドイツ(オペラ・バレエ中心に6本観劇)
2005/05 ロンドン(ミュージカル中心に4本観劇)
2005/11 オーストリア&チェコ(オペラ中心に7本観劇)
2006/11 ニューヨーク(オペラ・ミュージカル中心に9本観劇)
2007/11 ニューヨーク(ミュージカル中心に15本観劇)

社名の由来: ミュージカルやオペラでオーケストラが演奏する場所がオーケストラピット。 通称オケピ。由来理由はいろいろあります。
  • 三谷幸喜さんのミュージカル「オケピ!」を見てミュージカルが好きになった
  • 観劇した時に思い出してもらえるような名前(オケピを見るとオケピを思い出す!)
  • 学生時代からオケピで演奏してみたいという思いがあった
  • 舞台の縁の下で盛り上げる存在でありたいという思い
  • オーケストラがオケピで舞台を盛り上げる演奏をするように、観客を、主催側を、クライアントを盛り上げる存在になりたいという思い
  • 言葉的なインパクトから「ぱぴぷぺぽ」のどれかを使いたかった(プリンもそうですね)
社鳥: ミヤマホオジロ (深山頬白)
感動を与えてくれる鳥。スズメ目ホオジロ科。 冠羽があり、黒と黄色が特徴。 日本ではおもに西日本地域に渡来する冬鳥で、 冬は小群ですごし、春先にコーラスを奏でる。 エサは植物の種子や昆虫類など。 地鳴きは「チッ、チッ」、さえずりは「チチチュリ、チュリチュリ」。 社鳥のことをもっと知りたい方は こちら
その他:

top | okepi.net | privacy policy

site map

copyright © 2005-2015 Okepi Corporation